RL【DOWN TO EARTH】 STANDARD COLLECTION

スタンダードと言う名の今までになかった革にこだわった新しいバッグ |STANDARD | ランプリール・レザー
あらゆる素材の中で、革ほどナチュラルなものはない。 その中でもタンニンなめしは革本来の風合いを表現出来る昔ながらの伝統技法です。 「革は生き物」その固有の表情を活かすため、顔料は一切使用せず、 すべて染料で染め上げられた革のみを使用したシリーズです。 派手な装飾こそないものの 素材の良さと真面目なモノづくり。飾らないから好きになる。 【なめし加工はベジタブルタンニングを採用】 革製品を作る際には必ず「なめし加工」と言う作業が日露です。 動物の皮はそのままだと腐ってしまうので、なめし加工により腐敗を防ぎます。 そのうちの1つとしてベジタブルタンニングがあります。 歴史が古いなめし加工技術ので、何世紀も前から伝承されてきた伝承技術です。 【ベジタブルタンニングの特徴】 「タンニンなめし製法」は30以上の工程を経て完成する製法で、 まさに手間と時間がかかるためコスト的に高い「なめし方」ですが、 革本来の自然な風合いや経年変化を楽しめるレザーに成長していくので、 レザー好きの玄人の方にファンが多いです。 「タンニンなめし」で製作されたレザー(主にヌメ革)は、 たとえ土に廃棄したとしても有害物質が一切発生せずに、 土で分解されるため、エコロジー素材として改めて注目されています。 キズもシワも表情です。 天然素材である証です。